足の臭いに注意!臭い対策でできるビジネスマンへ

仕事で活躍したいと考えている男性は、仕事内容の前に、自分の身なりなど自分自身についてのケアもすることが大切です。男性で注意したいのは足の臭いです。ビジネスマンの多くは革靴を履くことが多く、長時間はいていると汗もかいて臭くなります。お客様との商談場所で靴のままならまだ良いですが、もし、靴を脱ぐ会社や個人のお宅などを訪問する場合には、足の臭いで商談がうまくいかなくなってしまうこともあります。商品の説明をしている人の足が臭かったら、話している説明よりも臭いが気になって、説明が入ってこないということもあります。できるビジネスマンになるためにも、ケアとして臭い対策は大切です。仕事で一日中革靴を履くといったシチュエーションの場合、昼休憩に靴下を替えるだけでも全然違ってきます。また、靴下を替えるのと同時に、足をウェットティッシュなどで拭き上げると効果的です。足だけでなく、革靴の内部を軽く拭くこともおすすめです。1日の仕事を終え履き終わった靴は翌日別の靴と交換し、陰干しして乾燥させることが大切です。1週間同じ靴を履くと、臭いが染みついてしまいます。1日毎別の靴に履き替えるだけで、十分な臭い対策となります。乾燥させる前に内部をウェットティッシュで拭き上げたり、少量のハッカオイルを染み込ませて拭き上げると、さらに臭いの原因となる雑菌繁殖の抑制となります。こうしたメンテナンスで臭い対策ができますが、根本的な要因となる、足のメンテナンスも大切です。いくら靴、靴下のメンテナンスをしても、足から出る臭いの方が強烈であれば意味がありません。良くあるのが水虫です。水虫がある人は、それが原因で臭いが出ていることもあるので、まずはきっちりと治療します。毎日風呂へ入る際、しっかりと足を洗います。きれいに足を洗うことで、臭いの原因となる菌を落とすことになります。また水虫の予防にもなります。そして、風呂上りはしっかりと足を乾燥させることも大切です。