汗の臭いの原因と、その臭い対策とは

日本人は他の国に比べて汗の臭いを気にする傾向にあります。一般的に汗の臭いの原因と言われる「ワキガ」は、欧米人に多い体質とも言われていますが、日本人でも同様の体質の人は少なくありません。汗を出す汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺という2種類があり、発汗した瞬間はどちらも無臭ですが、それぞれ別の原因で臭いを発生させることになります。体全体に分布しているエクリン腺から出る汗の成分はほとんどが水分で、残り1%が塩分や尿素、アンモニアといったもので構成されています。このたった1%の成分が自律神経にかなり影響を受けることが分かっていて、ストレスが多いほど臭いのもととなるアンモニアが増えてしまいます。
フェロモンを発生させていると言われるアポクリン腺は、脇の下や陰部、耳の中といった特定のエリアに存在しています。その汗はねばつき、たんぱく質・脂質・鉄分等の成分が含まれているという特徴を持っていて、これらをエサとする皮膚常在菌が分解することにより、独特な臭いを発生させるというメカニズムになっています。2種類の汗の成分と細菌による作用が、汗の臭い発生の原因となっています。また、汗の量が多いからといって、臭いも強くなるというわけでもありません。ワキガなど体質にもよりますが、逆に汗をあまりかかない人はエアコンの効き過ぎによって汗腺が弱くなり、ミネラルをベタベタ汗と共に流してしまうことが分かっています。これは皮膚常在菌の大好物ですので臭いのもととなりますので、日常生活で汗腺を鍛えてベタベタ汗をサラサラ汗を目指すことが、臭い対策となります。
まずは、汗をこまめに拭きとることを意識しましょう。皮膚常在菌が汗を分解して臭い発生となるまでには1時間かかると言われていますので、その前に拭き取るようにします。乾いたタオルで汗を全て吸収してしまうと、肌が乾燥予防でさらに発汗させようとしますので、清潔で湿ったタオル(ウェットシート等)で拭くと良いでしょう。また、普段から汗をきちんとかく生活を心がけると、血液成分も汗も濃くならず、臭いのもととなりにくくなります。

女性の臭い対策で気をつけたい臭い対策方法

女性の臭い対策では、臭いの原因を考えて、その解消を考えていくことが大切です。臭いの原因といっても様々にありますから、とりあえずニオイケアをしているだけでは、その場しのぎにしかならなかったり、逆効果になるケースも考えられます。まずは、どういったタイプの原因があるのかを考えていきましょう。

まず、臭いの原因として多いのは、アポクリン線などの汗腺によるものです。これは体質的なものなので、生まれつき臭いが強くなりやすい傾向があります。ワキガやスソワキガなどの悩みが、これによるもので、対策としてはデオドラントスプレーなどでは不十分おケースもあります。これは、汗の香りなどとは違うので、根本的に解決方法が異なります。この場合の臭い対策としては、手術によるものの他、専用のアイテムなどが登場しているので、好ましい方法を選びましょう。

アラサー女子となってきた時には、そろそろ加齢臭にも気をつけたいもの。まだ、そんな年齢ではないと感じられるかもしれませんが、30代を目安にリスクが出てきます。生活習慣や体質によっては、おもったよりも早く臭いが気になり始めるかもしれません。自身では気づきにくいのが、このタイプの臭いとなりますから、早めのうちに体質改善やボディーソープの変更などで、対策を考えてみるのも悪くはないでしょう。

他にも、現代社会では当然のようになっているストレスや慢性疲労も、臭いを発散させる原因となってきます。ストレスや慢性疲労などは、血液中に老廃物質が溜まったりした結果、体からも嫌な匂いが発生してしまうというもので、生活習慣が乱れていたり、過度な努力を続けている場合にはリスクが高まってきます。他に、ダイエットのし過ぎも体に負担をかけるので、こちらも良くありません。臭い対策としては、しっかりリフレッシュする時間を作ること、老廃物の排出を促すことなどが大切となってくるでしょう。

このように、女性が気を付けたい臭いの原因は色々とあります。それぞれに臭いが生じるメカニズムがあるので、それぞれにあった対策を考えていくことが大切です。臭い対策としては、体質改善は臭いの軽減につながるので、まずは、体のコンディションを整え、内側から綺麗になることを目指しましょう。それに加えて、血流やリンパを整えたり、クリームなどのケアグッズを取り入れていくようにしてみては如何でしょうか。

また、上記以外にも脂漏性皮膚炎などでも臭いが現れるので、クリニックや病院を利用してみるのも良いでしょう。

足の臭いに注意!臭い対策でできるビジネスマンへ

仕事で活躍したいと考えている男性は、仕事内容の前に、自分の身なりなど自分自身についてのケアもすることが大切です。男性で注意したいのは足の臭いです。ビジネスマンの多くは革靴を履くことが多く、長時間はいていると汗もかいて臭くなります。お客様との商談場所で靴のままならまだ良いですが、もし、靴を脱ぐ会社や個人のお宅などを訪問する場合には、足の臭いで商談がうまくいかなくなってしまうこともあります。商品の説明をしている人の足が臭かったら、話している説明よりも臭いが気になって、説明が入ってこないということもあります。できるビジネスマンになるためにも、ケアとして臭い対策は大切です。仕事で一日中革靴を履くといったシチュエーションの場合、昼休憩に靴下を替えるだけでも全然違ってきます。また、靴下を替えるのと同時に、足をウェットティッシュなどで拭き上げると効果的です。足だけでなく、革靴の内部を軽く拭くこともおすすめです。1日の仕事を終え履き終わった靴は翌日別の靴と交換し、陰干しして乾燥させることが大切です。1週間同じ靴を履くと、臭いが染みついてしまいます。1日毎別の靴に履き替えるだけで、十分な臭い対策となります。乾燥させる前に内部をウェットティッシュで拭き上げたり、少量のハッカオイルを染み込ませて拭き上げると、さらに臭いの原因となる雑菌繁殖の抑制となります。こうしたメンテナンスで臭い対策ができますが、根本的な要因となる、足のメンテナンスも大切です。いくら靴、靴下のメンテナンスをしても、足から出る臭いの方が強烈であれば意味がありません。良くあるのが水虫です。水虫がある人は、それが原因で臭いが出ていることもあるので、まずはきっちりと治療します。毎日風呂へ入る際、しっかりと足を洗います。きれいに足を洗うことで、臭いの原因となる菌を落とすことになります。また水虫の予防にもなります。そして、風呂上りはしっかりと足を乾燥させることも大切です。

臭い対策のサプリの代表的な種類と原料

臭い対策サプリは、悪臭の発生源に対して複数の方法で消臭させる方向性があり、数多くの種類が出回っています。臭いの原因を根本的に消し去るものがある一方で、芳香によって対策する種類もありますから、使う人の好みに合わせて選ぶことで満足度も高まります。

芳香が素晴らしい種類では、ローズサプリは代表的です。バラには精油に由来する芳香があり、古代の昔から人々を魅了してきました。臭い対策で使うことにより、すれ違っただけでも芳香が漂うようになるため、印象度が大幅に向上します。加齢による臭い対策にも有効ですが、香りが強すぎると感じる人は他の方法を選択することもあります。

抗菌や消臭の作用がある原料として、カテキンや柿渋エキスが使われるサプリがあり、こちらも臭い対策で重宝されてきました。カテキンは主に緑茶から抽出されるもので、広い意味ではポリフェノールの一種としても分類されています。キノコの一種としてはシャンピニオンエキスが配合されることが多く、柿渋エキスと合わせて消臭力を強化することも行われてきました。あるいは、コーヒーエキスを配合している製品も特徴的な魅力があります。

胃腸の問題によって発生する体臭は、歯磨きやタブレットを使うだけでは対処できないため、臭い対策の悩みの種になっていました。こうした問題に対する解決策として、整腸作用のある成分を配合したサプリが利用されている状況です。乳酸菌は代表的なもので、腸内フローラを健全な状態するために最適です。カプセルの種類は持ち運びがしやすいため、活動的なビジネスマンにとっても強い味方になるサプリです。

臭い対策サプリは、消臭を第一の目的にしながらも、栄養補給も考えて作られている種類もあります。栄養不足が影響して体臭がひどくなることもありますので、健康志向の人にも向いています。部分的な口臭対策だけに特化した種類もありますが、体の至るところの臭いが気になる人は、総合型の臭い対策サプリを選ぶことで対処できます。